2018 お蔵入り虫干し展

高円寺たまごの工房の新企画「お蔵入り虫干し展」に参加しています。企画展の題名が示す通り、虫だのカエルだのと言うシバリがないので、好きなものを出して良いのです。 私の場合、押絵教室用に作ったサンプルが家の中で眠っているので、これからの季節に合いそうなものをリメイクして連れて行くことにしました。

ミノムシのメインの葉っぱは大島紬の着物をほどいた布使用です。他も使っているのは絹地を使っています。

↑これらの布も絹ですが、昔着物のハギレを骨董市などで購入したものなので、ブローチピンが縦に付いているのは着物の帯留にしてもバッチリ合うはず。

半衿の刺繍が綺麗な櫛のブローチ。この写真では見にくいけれどヘビが抱いている宝珠には福寿の文字がびっしり入っています(こちらは化繊になります)どちらもインパクトありますよ。

右足を上げる猫はお金を招いているとやら。猫に小判の飾りは、サンプルの作品が化繊で出来ていたので、結局、全部作り直しました。

ひまわりを貼ったのは、無印良品のトラベル用のポケットです。渋めのひまわり、オススメです。

その他、白いバラの写真入れ、リスのリースなどなど…写真も撮らすにたまごへ搬入してしまいました。高円寺方面にお出かけの節は、よろしくお願い致します。〜9月16日迄です。