カテゴリー
未分類

オオミズアオの作り方

神秘的なオオミズアオをお部屋に!…と言うことでカーテン留めにしました。作り方の様子を公開しますので良かったら見てくださいね♡

先ずは型紙から。前翅、後翅ともに3つのパーツに分けました。左右で計12枚は鱗翅目では少ない方ですね。

すべての型紙に薄く綿を敷き、前翅の前縁には赤紫色。それ以外は白緑の正絹を包みます。前翅の小さい穴の周りをコテでとめるのがちょっと難しいです。

白緑の翅に翅脈を描きます。日本画で使う絵の具、胡粉を使いました。

前翅、後翅とも横線で分割していたのをボンドでくっつけます。また前翅の小さな穴(眼状紋)の部分に裏から黄色い布を押し上げるように貼ります。

貼り合わせた横線部に、黄色と緑の糸を一本ずつズレないように付けていきます。この線ははっきりさせたかったので、絵の具ではなく糸にしました。

ここで白緑のパーツに薄い絹のベールをかけます。使用したのは韓国でチマチョゴリやポジャギにする薄い絹です。これを纏うと妖艶な翅になります。

貼れました。左下の白緑が元の布の色です。一段とオオミズアオらしくなって来ました。翅の組み立ても終わりました。

次は頭と体幹部です。触角には黄色い鳥の羽を使用。身体のモコモコは羊毛(ムートン)を切って使いました。

ハチマキみたいな赤いラインは、布を三つ折りにしたものを、ふんわりと留め付けました。

そうそう、顔はこんなふうに作ります。大きめのビーズ二つの間に白い布を挟みました。

裏から貼る革と、洗濯バサミを布で包んだものも用意して、あとは合体するだけ。

完成です♡♡♡

レースのカーテンにとまらせると、ますますオシャレさんになります。

カテゴリー
未分類

蛍 の 帯 留 め

葉っぱにとまったゲンジボタルが光っている様子の帯留めを作ってみました。前翅の布は大島紬の絣。胸の赤と、葉っぱの緑も絹の布を使用しました。裏の黄色は革を貼りました。

目はチェコビーズのラウンド3ミリを二つくっつけて並べ、ぱっちりさせていますが葉っぱに顔を埋めるような格好になっています。胸の赤色を縦に二分割している黒線は絹糸を貼りましたが、その中央にぼやっとある紋は今回省略。

お尻の光は、葉っぱの型紙を丸くくり抜き、その穴が開いた部分に裏から金襴をはめ込んでみました。光の当たり具合で反射して、なんとな〜く発光しているみたいに見える時があります。

三分紐がなかったので、革紐を帯留めに通してみました。帯に対してこんな角度になります。これ、浴衣にとっても良く合う気がしませんか!?

浴衣にうちわ!夕涼み、線香花火に流れ星。西瓜にラムネ……美しい夏の尾瀬の思い出。

あ、ランプに飛び込んだ大型蛾もいっぱい見たっけな(≧▽≦)

籠にワンポイントでつけても可愛いですね。

和ものには何でも合いそう。こぎん刺しのカード入れにも良く映えてます。

左の触角以外のワイヤー(右の触角と六本脚)は動かすことができます。ホタルの体長は27ミリほどです。

カテゴリー
未分類

クスサンのカーテン留め

二枚のカーテンの間が開くのが、ずっと気になってたのですよ。せっかく遮光カーテンなのに、夜間の駐車場のライトが隙間から入るので毎晩、洗濯バサミで留めていました😅

あるとき洗濯バサミを可愛い猫ちゃんで包んだものを見つけて、蛾でこんなのを作ろう!…と思って出来たのが、こちらのクスサンです。

先ずは我が家のカーテンにいちばん溶け込みそうな色、柄の蛾を探して「日本のヤママユガ」をぺらぺら…。黄褐色〜クリーム系のクスサンを参考にしました。

もちろん布はオール絹。♂のような触角は鳥の羽を利用しました。背中のモコモコは羊毛です。

程良い程度のリアルさなので、上翅の先の蛇のような顔は描かないでおきました。

正面顔はこちら。なかなかチャーミング♡でしょう?

これは前翅の中央帯がピンクっぽい褐色系のクスサンを参考にしたもの。

全員で記念撮影です。

こんな風なシルエットを見ると、一瞬自分でも本物かと思い、ドキッとすることがあります😆

カーテンの隙間が開くのが気になるお宅に、オシャレ❓なクスサンのオススメでした。

カテゴリー
未分類

令和3年のいも雛飾り

上段左が、クロアゲハ ♂ とナミアゲハ ♀  右は、ヤママユ ♂ とシンジュサン ♀ 雛で、このふたつが新作です。どちらも収納ケースから人形を出して逆さにすると、それが人形の立つ台になります。

背の高さは変わらないけれど、アゲハの方は二頭身!?…模様を描く都合もあり顔を大きくしました。

背景のアゲハチョウシルエットは、この二種がとても似ているのでピンクの蝶ひとつにしました。

下段の左は以前作った一般的な押し絵(平面)のお雛様。右の桜餅を味見しているのはベニスズメ。🍑桃色がきれいなので登場してもらいました。

カテゴリー
未分類

ヤママユとシンジュサンのいもむし雛

可愛い収納箱入りの変わり雛です。モデルは男雛がヤママユの幼虫。女雛がシンジュサンの幼虫です。

これが収納箱の蓋です。金のシルエットがヤママユの成虫。銀がシンジュサンの成虫を表しています。赤い平打の紐は身箱の向こう側から出て蓋を押さえ、端の花型の飾りの中のマグネットと、手前の箱の中に仕込んだマグネットがくっつくことで固定されます。

蓋をずらしてみましょう。こんな感じに収まっています。青地に白い花柄は蓋を立てる補助具になります。

中のものを出して箱をひっくり返すと、人形たちの立つ台になります。

次に箱の下に補助具の短い方を差し入れて長い方を箱の側面に沿わせて立て、下の方をマグネットで固定します。

蓋を台の上に乗せ、先ほどの補助具に寄りかからせます。これでお立ち台の準備完了です。⭕の辺りにもマグネットが入っています。

それほど強力ではありませんが、軽い人形が倒れない程度の磁力はあります。

 

斜め後ろから見るとこんな感じです。

目は玉結び。前脚はワイヤーに糸を巻いています。一部の布(人形の乗っているもの)以外は絹の布を使用しています。

親ばかですが、ほんとに可愛い いもむしのお雛様が出来ました。