ヒラズゲンセイ

前々から気になっていたヒラズゲンセイです。ボディは鮮やかな赤。大きさは18から30ミリとあるから、かなり目立つ虫のはず。

オスを作りましたが、顎がとてもご立派。目は小さくて盛り上がったおでこに埋もれたようなので、切り込みという技法を用いたけれど、効果はどうかなぁ!?

左の黒革は裏打ち用のものだけど、何かゲームのキャラクターにでも居そうですね(全然わからないのだけど)

触角は細いワイヤーを二本いっぺんに捻じって作りました。ヒラズゲンセイはツチハンミョウ科だそうで、複雑な生い立ちは未だ謎がある(ハナバチの巣の中で育つ)ようです。そして体内にカンタリジンと言う毒を持っているので、下手に触るとかぶれる恐れがあるそう。

この鮮赤色には「触るな危険❢」のメッセージが込められているのですね。