アオスジアゲハ 幼虫

クスノキは私の動線上に数本あるので、ワンダリング中の幼虫を二度、保護したことがあります。いずれも10月初めの越冬隊でした。すぐ羽化する時は、樹の上の葉裏ででも蛹化するのだろうけど、長い蛹生活を送る時はしっかり頑丈な場所を探して地上を歩くのではないかな?10月頃には事故死した亡骸を何匹も見ています。

なので捕まえたのは、いずれも蛹化直前の透明感がありゼリービーンズのような、とっても綺麗な幼虫でした。

その透明感を出すために、綿の代わりに緑と黄の羊毛をたっぷり詰めました。

黄緑の枝豆の真ん中ラインが薄い色に見えますかね?

今まで手を出さなかったのは、胸の目模様が地味で、どうやったらアオスジらしさが出るかわからなかったから。試しに黄色い布を糸に細く巻き、目模様は銀のビーズを付けて見たら、光の反射でそれっぽい(本当は黄色い丸の中に黒い点があるのですが…)感じですよね!?

目玉ひとつの完全な横向きと、目玉ふたつの上目遣いタイプを作りました。

 

ゲンジボタル

ここ数年、元ホタルがいた辺りに自然発生するよう環境を整えるお手伝いをしています。…と言ってもほぼ草刈り、ザリガニ退治…ですがね。

生地を使い切ったと思っていた大島紬の蚊絣が見つかったので、さっそく蛍を作ろうと思ったら型紙が見つからないので慌てて作り直し。

ずいぶん前に作ったのかしら!?ザッと写真に残さないとね。メモは失くしてしまうので。

幾分、型紙を縦長に作り直し。ゲンジボタルなので胸の縦ラインは小楯板より細く墨で入れました。

目はTピンにビーズを挿した方がそれらしくなるみたい。

裏の革は黒と黃のツートンカラーです。

出来ました!ゲンジボタルがまた身近で見られるようになると良いなあ💞