三原色のカミキリ

名古屋のクリマが目前に迫るなか、ぎりぎりでカミキリ三種作りました。左からキイロトラカミキリ、ホシベニカミキリ、ルリボシカミキリです

キイロトラカミキリは毎年、マンションの廊下で見るのですよ。去年まではもっと赤みの強い黄色で、遠目には蜂!…でちょっと警戒したのに、今年会ったのはニ頭ともレモンイエローで、てっきり違う種類かと思いました。愛らしいお目々にスリムなボディ。色も美しくお姫様みたいなカミキリです。

角度悪くオッサン顔に撮ってますかね?触角はグレーの絵の具を塗りました。脚は自遊自在というソフトワイヤーに一部、グレーの糸を巻いてあります。

青いカミキリと言えば、ルリボシカミキリ!?数年前にリビングの壁で見つけた時はびっくりして大喜びしました。ほんとうに美しいブルーをしていますが、標本にするとだんだん退色して行く…我が家のホンモノもグレーになっています。触角の黒い部分はクラクラしながら苦手なマニュキュアを付けました。

赤の綺麗なカミキリは検索で見つけたホシベニカミキリです。背中の斑点は左右非対称なのだそうです。小さくて顔も可愛いのだけれど、親子で木をかじるそうなので、顎の力は強いのでしょうね。