アオバハゴロモ

月にふたつは新作を作るのを目標にしてますが、なかなか思うようには行きません。このアオバハゴロモも手こずりました。たぶん数年、もだえてました。でもその甲斐あって、自分でも気に入ったものができました。

まず、アオバハゴロモの青みがかった翅の下に胸や腹が透けて見える感じをどうやったものか!?…ずっと悩んでいました。いつも通りに綿を詰めてから絵の具でぼかすと、どうも違う気がしたのです。

試しに胸と腹の部分に黄色の羊毛を丸めて入れてみました。うん、中から少し黄色が透けて、黄緑色に写っていい雰囲気です。

目玉は極小オフホワイトのビーズをを使いました。なかなか可愛いね。

脚は一番前の二本だけ付けて、あとはお腹の下に畳まれて見えないことにしました。それと赤紫の絵の具を背中と翅の後ろに少し入れて組み立てます。

茎を挟んで2頭がくっついているタイプも作りました。茎は革です。ちょうどいい色に染めたものが売っていました。

互い違いに10頭くらい並んでいると楽しそうですが、そこまでの気力はないのでこの辺で…。