コノハムシ(♀)

東南アジアのジャングルに住み、グァバやマンゴーの葉を食べて、のどかに暮らしているそうです。孵化から9回も脱皮し、9ヶ月近くかけて成虫になるのだとやら…。

木の葉のような立派な前翅を持つのはメスですが、後翅がないので飛べないそうです。オスは飛べる翅を持っているけれど葉っぱへの擬態は今ひとつかな!? なので作ったのはメスです。

↑各パーツを緑の布でくるみ、日本画の顔彩で濃淡のぼかしを入れて途中まで組み立てたところ。念の入った擬態で左右対称に茶色く変色し、あたかも虫に喰われた感を出しているコノハムシもいるけれど、今回はあっさり絵付けにしました。

まるで木の葉のような前翅の翅脈には、パーツを突き合わせた上に刺繍糸を渡してあります。よおく見ないとわかりませんがね。

顔はこんな感じです。触角まで枝に擬態しているように見えます。

お腹の側に貼り合わせる型です。左右の前脚と真ん中あたりに小型だけれど超強力マグネット⭕を埋め込みました。片手でも天井にとまれるようにね。それにしても100金のネオジム磁石は強力です。

裏側から見他ところです。コノハムシのシルエット!裏に貼った布は化繊です。

壁でも天井でも、金属のピン(画鋲)が刺せれば好きなところにコノハムシを貼り付けることができますよ〜。お宅のリビングの天井にコノハムシ!…いかがですか?

体長は145ミリほどです。

1頭につき、1箇所(お腹)の画鋲でもしっかりとまりました。右上の黄緑のコノハムシは右前脚のマグネットで貼り付いています。