クリスマスっぽいビートル

南半球の12月は夏!コアラも好むユーカリなどの葉を食べて育ったコガネムシの仲間が元気に飛び回っていることでしょう。ちょうどクリスマスの時期に大量に出現する甲虫を現地ではクリスマスビートルと呼ぶそうです。別にクリスマスっぽいカラーの虫と言う訳ではありませんでした。

検索すると色々な画像が出て来るのですが、一番出てくるのは黄土色のコガネムシです。これぞクリスマス と思ったのは「ゴールデンクリスマスビートル」と紹介されていた金ピカのコガネムシですが、金襴で丸みを出すのは至難の技なので今回は見送りました。

黄緑色のモデルはそう、実家のザクロにザクザクいた…日本のアオドウガネによく似てるんですよね。名前はAnoplognathus prasinus と言うそうです。

それによく似た赤茶のコガネムシを見つけたのですがブリタニカによるとMay beetle とか June bug と呼ばれている甲虫で、北半球にいるようです。無関係なのですが、クリスマスっぽいと感じたので、無理やり赤い布を使って作っちゃいました。

緑と赤というクリスマスカラーのモデルは検索中にオーストラリア、キャンベラで撮られた写真の中で見つけました。これもクリスマスビートルと呼ばれているかは謎です。コガネムシの仲間だと思いますが、脚の先は濃い緑なのに脛の色は赤で、後ろ脚に特徴がありますが、ブローチにした際の使い易さを考えて省略しました。

かなり無理を承知で作ったクリスマスっぽいビートルたちの紹介でした。