モクメシャチホコ幼虫

こんな顔をした蛾の幼虫が日本にもいるなんて思いませんでした。シャチホコガの仲間だそうです。茶色い枝に化けたシャチホコガ幼虫は知っていましたが、私好みの緑色の幼虫❢

しかし、親を検索してみると鷹の羽のような高貴な翅を持っているものの小さいのですね。開長50〜70ミリ。たぶん幼虫の頭部の直径は10ミリ位…?実物を見たことが無いので写真と妄想力で作りました。

チャームポイントは、尻尾についている赤いムチのような意味不明のもの。そして尻尾とお揃いの緑色に黒のシマの6本脚。ワイヤーにアクリル絵の具を塗り、黒木綿糸を巻き付けただけなので、あまり手荒なことをすると破損の危険があります。

ヤナギの葉っぱに付くようですね。ヤナギの生えているポイントはいくつか頭にあるので、何とか会いたいものです。